お酒との付きあい方

中田敦彦さんの禁酒についての動画を見ました。

動画の中で、「酒は百薬の長」という言葉は、昔の中国の為政者が、民衆から酒税を巻き上げるために作ったキャッチコピーだと解説されていました。

よく少量の酒なら身体にいいと言われていますが、最新の研究では少量の酒でも身体に良くないそうですね。

ふと振り返ってみると、僕が最後にお酒を飲んだのは45日前でした。

最近は、旅行や記念日など、特別な時だけお酒を飲むようにしています。

身体に良くないとはいっても美味しいので、特別な時に美味しいお酒を1, 2杯、家族や友達と楽しくコミュニケーションを取りながら飲むという飲み方で、これからもお酒と付き合っていきたいと思います。

普段はお酒は飲まないことで、質の高い睡眠を取って毎日疲労を完全回復させていきたいと思います。

それでは。

熊本県宇土市・長部田海床路(2020年12月)